2016年3月25日 (金)

現代 消費者法 No.30

 第30号が出ました。引き続き私も編集委員をさせていただいております(^^

  http://www.minjiho.com/

 特集は、「相談業務の充実に向けた広域連携」と「通信販売」です。

 30号から、日本司法書士会連合会の消費者問題対策委員会のメンバーによる新連載が始まりました!

 「消費者法的実務入門」です。

 30号は、番井菊世委員による「意思無能力~判断能力が低下した高齢者の消費者被害」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

現代 消費者法 No.28

 第28号が出ました。引き続き私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/  

 特集は、「適合性原則と消費者法」です。  24号から、日本司法書士会連合会の消費者問題対策委員会のメンバーによる連載が2本始まりました! 「Consumaer Law 最前線」と「消費者法的実務入門」です。  

 28号は、前者が川戸周平委員による「コインパーキングをめぐるトラブルの検討」、後者が山田茂樹委員による「法定追認~代金の支払いなどをしている場合の取消権に関する注意点」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

現代 消費者法 No.27

 第27号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「特定商取引法の見直しへ向けて」です。

 24号から、日本司法書士会連合会の消費者問題対策委員会のメンバーによる連載が2本始まりました!

「Consumaer Law 最前線」と「消費者法的実務入門」です。

 27号は、前者が浅田奈津子委員による「開運商法にご注意」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

現代 消費者法 NO.26

 第26号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「医療と消費者」です。

 24号から、日本司法書士会連合会の消費者問題対策委員会のメンバーによる連載が2本始まりました!

「Consumaer Law 最前線」と「消費者法的実務入門」です。

 26号は、後者が吉田善礼委員による「悪質商法における不法行為責任の追及を行う場合の根拠条文」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

現代 消費者法 NO.25

 第25号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「スマートフォンをめぐる諸問題」です。

 24号から、日本司法書士会連合会の消費者問題対策委員会のメンバーによる連載が2本始まりました!

「Consumaer Law 最前線」と「消費者法的実務入門」です。

 25号は、前者が番井菊世委員による「除排雪サービス契約トラブル」、後者が大島徹也委員による「送り付け商法への対応」です。

 その他、山田茂樹司法書士による「スマートフォン契約の勧誘・広告をめぐるトラブルの実情と課題」、和田努司法書士による「消費者被害・不実の登記の悪用からみる商業・情人登記制度の検証」の2つの論考も掲載されています。

 さらに、巻頭言は、日本司法書士会連合会の斎木賢二会長です!

 いずれも、すべての司法書士にとって必読の内容です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

現代 消費者法 No.24

 第24号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「制定20周年を迎える製造物責任法の現状と課題」です。

 24号から、日本司法書士会連合会の消費者問題対策委員会のメンバーによる連載が2本始まりました!

「Consumaer Law 最前線」と「消費者法的実務入門」です。

 24号は、前者が奥村洋史委員による「時効債権の取立ての実情と対応」、後者が川戸周平委員による「相手方特定のための所在等の調査」です。

 いずれも、すべての司法書士にとって必読の内容です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

現代 消費者法 NO.23

現代 消費者法 No.22

  第23号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「集団的消費者被害救済制度」です。

 是非ともご一読いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

こんなときどうする?在宅医療と介護 ケースで学ぶ倫理と法

 静岡大学教授の松田純先生、常葉大学の青田安史先生、静岡県立大学の天野ゆかり先生、静岡大学の宮下修一先生の編集により、南山堂から出版されています。

 介護保険制度が始まってから14年。これまでに、現場で、専門職が遭遇してきた困難事例について、倫理的な問題を倫理と法の観点から、どう考えどう対応していくべきかを、具体的な事例で考える・・・という素晴らしい企画です。

 成年後見人に就任している司法書士にとっても、知っておかなければならない問題であることはもちろんですし、実際に、同様の葛藤をかかている司法書士も多いものと考えられます。

 全国の司法書士にもお読みいただきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

現代 消費者法 No.22

  第22号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「詐欺的悪質商法業者の探知と被害回復」です。

 司法書士関係の寄稿は、実務現場報告20、安藤宣行さん(東京)の「依存症と法律実務~解決とは何か」であります。是非ともご一読いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

現代 消費者法 No.21

  第21号が出ました。私も編集委員をさせていただいております(^^ゞ

 http://www.minjiho.com/

 特集は、「食品表示と消費者法」です。

 司法書士関係の寄稿は、実務現場報告19、力丸寛さん(東京)の「特定の貸金業者等の「大量提訴」案件への対応」であります。是非ともご一読いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧